【お風呂でスキンケア】無添加保湿剤で保湿力アップ!

無添加保湿剤

お風呂で効果的なスキンケアをするために非常に重要なのは、どれだけ上手に「保湿」できるかなのです。
アトピーの肌は基本的には「乾燥」しています。その乾燥した肌もお風呂で水に囲まれることによって、肌が潤います。
しかし、残念なことにその潤いを保ち続けられないのが乾燥した肌なのです。 そのために必要なのが「保湿剤」となります。ただ、恐ろしいことに保湿剤の選択を誤ってしまうとアトピーを悪化させることになってしまいます!
そこでまず、保湿剤について一緒に学びましょう!

保湿剤の落とし穴、保湿依存症とは?

皮膚科などでアトピーを診てもらうと、症状にあった強度のステロイドが処方されると思います。そしてそれとセットでヒルドイドなどの保湿剤を処方してもらうのではないでしょうか?
もしくは、ステロイドと保湿剤の混ぜたものを処方する病院もあります。しかし、脱ステロイドをして皮膚の回復をはかろうとする場合、 保湿剤が治りを遅らせてしまいます。と言ってもこれは特に人工的な保湿剤を使用した場合です。
人工的な保湿剤には「防腐剤」が含まれています。
「防腐剤」はステロイドにも含まれていますが、ステロイドと人工的な保湿剤の使用し続けた肌は、黒ずんだり、赤みと黒ずみで紫に見えたり、しかもその部分がカサカサの状態になったりします。
これは、防腐剤が引き起こす「皮膚の酸化」なのです!

保湿依存症とは?

無添加保湿剤

人工的な保湿剤の怖いところは、防腐剤によるものだけではなく、「保湿依存症」と俗に呼ばれる状態になってしまうことです。
「保湿依存症」と言うのは、言葉の通り肌が保湿剤に依存してしまい、本来肌自体が持っている保湿力がドンドン低下していき、保湿剤が無ければすぐに乾燥してしまう肌になってしまうのです。
不思議な話ですが、肌を潤わせるはずの保湿剤が、使いすぎた結果として肌を乾燥させ、弱らせてしまうのです。

『脱保湿』の注意点

アトピー改善のために「脱保湿」という考えがあります。
これは、上記のような理由から保湿剤を使わずに、肌本来の保湿力を高めるというものです。この考え自体は良いものだと思いますが、脱ステロイドをしている時は避けたほうがいいと思います。
なぜかというと、脱ステロイドのリバウンドによって、アトピーの症状が一時的に悪化するのと同じように、「脱保湿」によるリバウンドがあるからなのです。ではどうすればいいのかと言うと、防腐剤などが入ってない「無添加の保湿剤」を塗って、肌自体の保湿力を高めるようにすることです。

保湿剤は自然のものを使った防腐剤が入ってないものを!

人工的な保湿剤をやめて、肌自体の力で保湿するには、肌が「皮脂膜」を作れることが大前提です。
しかし、ステロイドや防腐剤で弱った肌では「皮脂膜」をしっかりと作り出すことが出来ないので、肌の保湿する力と有害なものをはねのけるバリア機能を高める無添加の保湿剤が必要となるのです。そこで我が家で使っている保湿剤を紹介します。商品名は、『みんなの肌潤糖』 といいます。

砂糖使った保湿剤!?

砂糖

「みんなの肌潤糖」は、なんと砂糖を使った保湿剤なのです。
この砂糖は食用としての砂糖ではなく、なんと肌に塗る砂糖なのです!
砂糖と言っても私達が日頃よく目にする砂糖ではなくて、テンサイから作ったテンサイ糖です。この保湿剤はもともとアトピーの子どものために、どうしたら健康な肌にしてあげられるか試行錯誤したお母さんが開発のキッカケとなったそうです。
娘さんは、0歳~15歳まで毎日ステロイドを20g、通常の5倍もの量を使っており、肌は象のように硬く黒ずみ、体中に黒い斑点があったそうです。
しかし、そのテンサイ糖によって実際にその娘さんは、肌の状態はどんどん改善し、現在は雑誌モデルをしているそうです。ではどうしてテンサイ糖が保湿剤になるのでしょうか?
仕組みとしては、テンサイ糖自体がアトピーを治す訳ではなく、テンサイ糖という自然なものを使って肌の吸水力と保湿力を高めるのです。

みんなの肌潤糖の仕組み

>>さらに詳しい「みんなの肌潤糖」の仕組みは公式サイトへ

【レポート】「みんなの肌潤糖」が届きました!

わが家で購入した時の写真を紹介します!

みんなの肌潤糖1

『単品お試し35g』、『単品お徳用パック100g』、『定期購入3ヵ月毎コース』、『定期購入1ヵ月毎コース』があったのですが、どれにするか迷ったのですが『お試し35g』はちょっと少なく効果がわかりにくかな?と思ったので、 『単品お徳用パック100g』 を注文しました。

みんなの肌潤糖2

注文してすぐに届きました!送料190円なのが嬉しいです!

みんなの肌潤糖3

いろいろな方の体験談も含め様々な資料も同封されていました。

みんなの肌潤糖4

こんな感じのパッケージです。材料の主成分の「てん菜糖」がデザインされています。 全成分は、てん菜糖、ココナッツオイル、ヘーゼルナッツ油、ブドウ種子油、ゴマ油、ヒマワリ油、サフラワー油、ビタミンE、グレープフルーツ果皮油、オレンジ果皮油、レモン果皮油、ジャスミン果皮油と表記されています。

みんなの肌潤糖5

中を開けるとこんな感じに砂糖が入っていました。砂糖っていうイメージではない感じです。 においが柑橘系でとてもスッキリとしています。ちょっと美味しそう。(※食品ではありません。)

みんなの肌潤糖6

専用のスプーンですくうとこんな感じ。

みんなの肌潤糖7

アップにすると質感がよくわかります。

みんなの肌潤糖8

さらにアップ。ザラザラした感じですが、お湯にサッと溶けます。

>>「みんなの肌潤糖」公式サイト

『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』わが家の体験談

わが家でこの「みんなの肌潤糖」を使ったのは、アトピーの息子、娘、旦那さん、私の妹のアトピーの息子の4人です!やはり効き目は個人差があるようで、この中で一番効果が現れたのは私の妹の息子です。

【レポート】妹の息子の「みんなの肌潤糖」体験談

私の妹はかなり乾燥する地域で、息子のアトピーがなかなか良くならず困っていました。 そこでこの「みんなの肌潤糖」を試してもらったのですが、嬉しいことに初日から効果を感じたそうです。
お風呂の時にしっかりと塗ることによって、一日の中で痒がることがかなり減ったそうです。特に夜中に掻いて血だらけになっていたのが無くなったことを、とても喜んでいました!
そして一ヶ月使い続けた頃、「ステロイドを塗らなくても良くなった」と喜びのメールをくれました。

【レポート】わが家の「みんなの肌潤糖」体験談

わが家で「みんなの肌潤糖」を使い始めた時の息子、娘、旦那さんのアトピーの症状は以下のような感じでした。
息子→ひざの内側が寝るときかゆいといい起きることがある。
娘→頬と首のまわりに少し症状が出ていて、日中や夜寝るときにかゆがる。
旦那さん→太ももの内側にひどい炎症があり、日中はもちろん夜中が特に痒い

<しばらく続けた結果>
効果として、まず3人とも肌がツルツルになりました!
以前は、ガサガサだったのですが、塗った時にすごくツルツルになることにびっくりしました。 これによって、保湿力が高まって肌が乾燥しにくくなり、かなり「痒み」が軽減されるのが良かったです。
特に子ども達は寝付きがよくなりました。 特に乾燥の季節は手放せないアイテムになってしまいました!
乾燥から始まる、大人も子どもアトピー患者を苦しめる魔のサイクル
「乾燥する→痒みがひどくなる→掻いて悪化→痒みがひどくなる→掻いて悪化」
このサイクルを断ち切ることが出来るのが本当に助けになりました!

【レポート】「みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)の体験談」から抜粋

また、購入した時に一緒に送られて来た「みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)の体験談」から体験談を抜粋してみます。

みんなの肌潤糖体験談の抜粋

また、購入した時に一緒に送られて来た「みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)の体験談」から体験談を抜粋してみます。

気になる箇所がほとんどなくなりました。

いつも肌をかゆがる息子(8歳)に使用して1週間。書き崩してしまったひざ裏に集中的に使用してみました。1週間たった今、気になる箇所がほとんどなくなりました。今までは皮膚科で処方されたステロイドに頼っていましたが、「奇跡の肌砂糖」があれば大丈夫そうです。

「みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)」のおかげだ!と実感。

「みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)」を肌になじませてから、ぬるめのお湯をはった湯船に入る方法をおススメされたので試してみたところ、気になっていた部分が、ものすごいスピードで良い感じになっていきました。

驚く程変わってっきています。

頭皮にアザラシの皮膚のように固く、かゆみを伴う部分が二ヶ所あり何年も皮膚科へ通い、薬でしのいできました。
「みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)」を購入して三日目にあんなにかゆかった頭皮が、驚く程正常な皮膚に変わってきました。

>>「みんなの肌潤糖」の体験談は公式サイトにもたくさん載っています。

サブコンテンツ

アトピー用の入浴剤!

正しい保湿剤の選び方はコレ!

不眠症サプリメント

腸内環境改善で免疫力アップ!

血行が悪く、頭痛、肩こりに!

ストレス緩和でアトピー改善!

大人アトピーと関連する体質

このページの先頭へ