塩風呂を活用したアトピー改善方法

海でアトピー改善

アトピーには海水浴が効くって聞いたことがありますか?
ちょっとおばあちゃんの知恵袋的なこの民間療法ですが、実際に塩風呂や塩サウナによって美肌効果が確認されているのです。

塩風呂に入って一年!

わが家ではもう1年ほど塩風呂に入っています。
実は私の実家が海のすぐ近くで、子ども達や旦那さんのアトピーが海に行くと改善するのを見て、「年中海水浴できたらな~」と思って、海水浴によってアトピーが改善する理由を調べてみたことが塩風呂につながりました。

海の塩には炎症を抑える力がある

海の塩には殺菌作用があって患部の炎症を抑えてくれます。また、塩に含まれる豊富なミネラルもアトピーで弱った肌を元気にしてくれます。
ということは自然塩をお風呂に入れれば、アトピーの炎症を抑えてくれるのでは?と思いつき、わが家では塩風呂を始めることになったのです。
効果は確実にありました。初めて三日目くらいに息子の肌がしっとりしてきたのです。また旦那さんの場合は、痒みがましている時に塩風呂にはいると落ち着くと言っています。
これは痒みの原因になっている患部で繁殖した菌が殺菌されるからなのです。

塩風呂は自然塩を使う

塩風呂をする時は自然塩を使いましょう。
スーパーなどで安く売ってる食塩は逆効果になってしまいます。食塩は「塩化ナトリウム」です。ただの「NaCl」です。ミネラルなんて一つも含まれていないただの刺激物なので皮膚の痒みを増加させてしまいます。わが家では国産の瀬戸のほん塩を使っています。
塩によって成分が異なると思うので、どれが一番かはわからないですが、「国産」、「100%自然塩」がおすすめです。
わが家ではスーパーで安売りの時にまとめ買いです!↓

自然塩

塩風呂の注意点

塩風呂の注意点として、追い焚き機能がある湯船だと追い焚きした時に故障や機械のサビの原因となるので、メーカーに確認するといいと思います。
また入れる塩に決まった量がある訳ではないので、最初は大さじ3~4杯くらいからはじめて、慣れてきたら自分にあった量に増やしていきましょう。ちなみに海水の塩分の濃度は1リットルに35gと言われています。

サブコンテンツ

アトピー用の入浴剤!

正しい保湿剤の選び方はコレ!

不眠症サプリメント

腸内環境改善で免疫力アップ!

血行が悪く、頭痛、肩こりに!

ストレス緩和でアトピー改善!

大人アトピーと関連する体質

このページの先頭へ